それるログ

それるすしのログ。ゲームのあれそれが多い

Twitterでいいね!した理由2016年(2/3)

2016年(1/3)はこちら

2016年(3/3)はこちら

コンセプトは最初の記事と同じなので、転載します。

Twitterのお気に入りって、なんで「いいね!」と思ったか忘れることないですか?私は割とあります。その瞬間の「いいな……」という気持ちに任せて押したけど、後から見返しても感情が読めない……。せっかく何か心が動いたのに、動いた心が残ってない。惜しいですよね。

Twitterがアップデートで感情を残す機能を搭載してくれれば手っ取り早いけど、おそらくその機能は2112年頃でないと準備できないでしょう。ならブログにまとめます。

まさかこんな重くなるとは思ってなかった。

 

これアイディアとしてかなりありだと思うんですよ。

 

怖い。

 

カービィ関連で3つ。この時期はカービィがマイブームでした。

カービィって「何だ?」カービィの世界観って「何だ?」を突き詰めて考えるのかなり面白いですよね。

 

いい。いいポエムだ。こういう人になりたい。あと千と千尋の神隠しをめっちゃ思い出すけど、あのシーン特に誰も喋ってなかった。

 

そのうち買おう!と思って買い忘れてた……。大人にしかわからないジョーク好きです。

 

またこの方だ!二次創作のはずがもはや独自世界、ここまで展開できるなんて。

 

ふふ。

 

完全に完璧にロボボプラネットのネタバレなんですよコレ。やらないとわからんが。

 

Twitter、意図的に「ファンアート」とかはいいねしないんですが、我慢できなくなってやっちゃったのでしょう。それくらい好きです。

 

どちらのコメントも好きです。

 

え!?これヤバくないか!?と思っていいねしたけど、その後よくあることだと知る。

 

https://twitter.com/rariatoo/status/739845987896692736

ポイズンボロス見た時に真っ先にヘドラ思い出したんだけどな。わかるかなこの気持ち。ポップスターに公害なんてなかったのにHWCが占領して公害がポップスターでも発生してしまったわかりやすい例がポイズンボロスだと思う

流し見してた敵1体でここまで考察できるの、すごすぎて尊敬の念しかないです。

 

やったーニャロメロン先生のスマホ用壁紙だー!

しばらく使ってました。色が派手な点以外はとっても便利でした。

 

ファンアートはあまりいいねしないって言ったのに!

オンラインゲームのいいところが詰まった漫画だと思います。フェス、あんまりノれなかったけど良いものではあったんだろうなあ。「スプラトゥーン3」でフェスがあったら改めて向き合いたいな。

 

模範的志々雄同志。

 

心が震える一言ってこういうものを指すんだな、って思いました。

 

どうして猫をいいねしたんだ……?特に推し動物ではないです、猫。いたらかわいいって思って通り過ぎるぐらい。

 

工作員さんのアイコンがチェ・ゲバラだったころのツイートです。

当時はただ面白いだけでしたが、もはや時代性が出ちゃってますね。

 

福袋配信の振り返り。

これ!このコメントしたの俺です!!テンション上がっていいねまでしてるやんけ!

 

桜井政博がレアなので見かけ次第いいねしてます。

 

マナー箸のピカチュウ。なんでもゲームになるものだと感心しました。

 

テンポいいツッコミは見てて気持ちいいものです。

 

うわあああ時代だあ!GOが配信されたころですね。

娯楽ってそういう側面がありますよね。でも私はそういう側面ばかりじゃなくて、単純にメチャクソ面白いんだよ、ってことももっと輝いていいと思います。みんな知ってるか。

 

え!?と思ったしばらく後、よくあることだと知る。

 

配信中の愉快な事故。面白すぎたので呟きもいいねしたパターンです。

 

何かへの怒り。

当時共感したのでしょうが、過去の怒りを発掘してもよいことはないので調べずにこのまま封印します。

 

https://twitter.com/Nuwas19735/status/758276476626014209

ゼノブレイド配信されたんでライン投下します pic.twitter.com/TuUrYdW1iI

Togetterより。崖から落とされ続けるラインの動画だったはず。

 

言われてみれば、ナッパが「お前をやるぞ!」と狙ってやったやつ全然いないんですよね。気づきのいいねです。

 

これ!これ最近「昔聞いたんだけどさ~!」って話題にしたやつ!元ソースはTwitterだったのか!

他言語からの翻訳って才能ですよね。常々そう思います。よく言われる「なっち翻訳」、あれもあれで印象に残る言葉の強さがありますよね。ひとつの提示として正しいのではと思わなくもないです。

 

「100 Million Taps」という100万回ボタン連打するゲームをやり遂げた人間のいうことは違うぜ。

フィクションの漫画に対して現実のツッコミを入れるのも、フィクションであると割り切って楽しむのもどっちも好きです。この点はこだわりがなく、浮気性なのです。空想科学読本もいけるタイプ。

 

で、そのあとにこのツイートが来て笑っちゃった。

 

一瞬「やったー!工作員さんがNHKに!!」と大喜びしました。ズコーってなった。

 

もうそうだろ……!という気持ちと、もっと上があるなら頑張って……!という応援の2つの意味が含まれています。

 

この頃つらかったのかな……?

 

以上!次は最後、3/3だ!

2016年(1/3)はこちら

2016年(3/3)はこちら